イレギュラーボールは遊び感覚で一石三鳥の効果があっておすすめという話

野球ギア

こんにちは!Mです!

突然ですが皆さんはイレギュラーボールという野球ギアはご存じですか?地域によってはリアクションボールやクレイジーボールとも呼ばれているのですが簡単に説明すると全く綺麗にバウンドしないゴムボールです。

このボール実はめちゃくちゃ効果的な野球ギアなのです。効果としては動体視力向上、バウンドの合わせ方を覚える、イレギュラーしたボールに反応する反射神経が鍛えられるといったところです。

そして何より凄いのが遊び感覚でこの効果を得れる練習ができるという事です。いくら効果的な野球ギアでも自主練では楽しさがないと続きませんよね。

そんないいとこ尽くめのイレギュラーボールの効果について詳しく説明していくので是非最後まで読んでいってください!

動体視力が向上する

野球における動体視力の重要性はとても高いです。動いてる球を取ったり投げたりするのだから当然なのですがそういった能力がこのイレギュラーボールでは鍛えられます。

他の記事で動体視力の重要性や動体視力を上げるギアを紹介しているのですがイレギュラーボールはより野球に寄せた動体視力のトレーニングになっています。基礎は動体視力向上に特化したギアで作って実戦としてのイレギュラーボールといったイメージです。

不規則にバウンドするボールを自分も取るために動きながら目で追うのですから当然動体視力はやればやるほど良くなります。イレギュラーボールで培われた動体視力は守備の際だけでなく、打席でも活きてくるので是非1度イレギュラーボールを試して欲しいなと思います!

バウンドの合わせ方を覚える

一般的にゴロ捕球のバウンドを合わせる際に1番取りやすいのはショートバウンドした所だと言われています。理由はショートバウンドした所でとるとイレギュラーしてもしなくても反応する必要が無いからです。

このイレギュラーボールは名前の通りイレギュラーするのでショートバウンドの所でボールを取ることは他の位置で取るよりも取りやすいと体で覚えることができます。

そうすることで特に小学生はゴロを前に出て取る理由まで体で覚えることが出来てこれから守備では困らなくなります。小学生の間に基礎が固められてない選手はその後も苦労するので出来るだけ早くショートバウンドした所でゴロを取ると楽というのを体で覚えた方がいいです。

また、小学生以降でも普段の練習を普段通りこなしていたら変化はありませんが、工夫をしてコツさえ掴めば劇的に守備が改善する例もあるので諦めることなく改善しようと努力する事が年齢が上がるにつれて重要となってきます。

今日が人生で1番若い日なので出来るだけ早くイレギュラーボールを使ってバウンドを合わせる場所を覚えてもらえたらと思います!

反射神経が鍛えられる

バウンドを合わせる場所を覚える重要性を解説しましたが、やはりいつも理想的な場所でゴロを取れる訳では無いです。時にはバウンドが合わないけど無理やり捕球することもあります。

そういう時に限ってイレギュラーするものなのですがその時に反応できる反射神経もイレギュラーボールで自然に鍛えることができます。

また、早くて低いバウンドにイレギュラーすることもあるので自然とグローブを下から出す動作を身につきます。野球は動作を勉強して理論的に学ぶのももちろん大事ですがプレーするのは体なので体で覚える事も同じくらい大事です。

イレギュラーボールは遊び感覚で楽しむのとゴロ捕球の基礎を作る効果を両立した素晴らしい野球ギアと言えるでしょう!

最後に

遊び感覚で楽しい練習が出来るのでチームメイトも誘って楽しくみんなで基礎を作れるのでイレギュラーボールは本当に素晴らしい野球ギアです。

みんなでイレギュラーボールで壁当て対決なんてしたらもうめちゃくちゃ楽しいんじゃないかなと思います!

そういう所でスポーツ本来の楽しむということも一緒に感じられるのではないでしょうか!

ではまた明日!

タイトルとURLをコピーしました