カウンタースイングを実際に使っている感想

野球ギア

こんにちは!Mです!

皆さんはカウンタースイングはご存知ですか?

カウンタースイングはトップをしっかり作り上下半身が連動したスイングを作るための練習アイテムです。

このようにカチカチと音のなるものが2つありトップが作れて上下半身が連動してると1度だけカチッと音がなりますが、そう出ないスイングだとカチカチと2回音がなります。

ではここから実際に使ってみた感想をまとめていくのでぜひ最後まで見ていってください!

初めは全然音が1回にならない

実際にやってみて初めの方は全く音1回にならなかったです。SNSやYouTubeで調べて音が鳴っている人を沢山見ました。

日本でよく教えられる最短でバットを出すスイングでは音は2回なるのではないかと気付いたのでミートポイントが広く取れるようなスイングに変えてみました。

すると音1回のスイングが少しずつできるようになりました。これは僕の1例に過ぎませんが自分で仮説を立てて検証するということはカウンタースイングだけでなくどの部分でも必要になってくると思います。

打球の伸びが変わった。

音1回でなるスイングが身についてきた頃に実際にバッティングをすると打球の伸びが伸びました。

おそらく以前よりも上下半身がしっかり連動してより力がボールに伝わりやすくなったのではないかなと思っています。

この伸びが変わった期間で他に取り入れたトレーニング等は無かったのでカウンタースイングの成果だと考えていいと思います。

変化で崩されてもトップが残って拾えるヒットが増えた

僕は元々真っ直ぐはそこそこ強いけど変化で崩されることが多かったのですが、カウンタースイングを取り入れてからトップが残って拾えたヒットが増えました。

上下半身がきっちり連動してトップも残っているのでタイミングが外されても何とかヒットにできるようになったと考えています。

打率も一気に上がったのでカウンタースイングを取り入れてよかったなと今でも思っています。

最後に

いかがだったでしょうか。実際に使ってどうバッティングに長い目で変化があったかまとめられている動画や記事はあまり見当たらなかったので僕の感想をまとめてみましたが参考になれば幸いです。

個人的には変化球で崩されやすい選手や力自体はあるのになかなかバッティングに活かされないと思っている選手にはとてもおすすめだと思います。

ではまた明日!

タイトルとURLをコピーしました