ピッチャーは全員テクニカルピッチを使った方がいいという話

野球ギア

こんにちは!Mです!

皆さんはテクニカルピッチをご存じですか?

テクニカルピッチは、硬式野球ボールの中心部に9軸センサーを内蔵したIoT製品です。ボールを投げると、投球データがスマートフォンに転送され、 「球速、回転数、回転軸、球種、変化量、腕の振りの強さ」を計測し、 専用サーバーで投球データ解析なども出来ます。

小難しく書きましたが、ざっくり言うと現代の技術を使って投げた球のデータを丸裸にしてくれる野球ギアです。

今日はこの野球ギアをピッチャーは必ず使った方がいいということを書き起こしていくので、是非最後まで読んでいってください!

テクニカルピッチを使うメリット

これだけデータをハッキリ取れる野球ギアは使った方がいいに決まってる!と思う選手も多いとは思いますが、理由をひとつひとつ説明していきます。

数字で自分の実力を客観視できる

基本的にはブルペンで投げていて球が良かったか判断するのは自分の目とキャッチャーの声です。

しかし、それは正確とは言い難くキャッチャーはピッチャーのことを盛り立てようとして言ったことなのか本当に言っていることなのか分からないこともあります。

テクニカルピッチを使うことで「球速、回転数、回転軸、球種、変化量、腕の振りの強さ」がハッキリと数字として出てきます。

自分の目で今日は球が行ってるなーと思うのと「球速、回転数、回転軸、球種、変化量、腕の振りの強さ」がハッキリと数字として出てくるのではどちらの方が客観的に自分の事を見つめられるかは一目瞭然です。

目標設定がしやすい

先程のメリットと繋がりますが、数字が出てきて自分を客観視できることで目標設定もとても容易になります。

例えば自分の目で球が速くなったからもっと速くしようと目標設定するのと、球速は131キロで回転数は1800だったから来月までには球速を133キロ回転数は1900まで上げられるように工夫しようと目標設定するのではどちらの方が伸びるかは一目瞭然です。

目標設定は選手としての伸びに大きく影響します。選手として大きく成長したいのであれば絶対にテクニカルピッチは使った方がいいと言えるでしょう。

テクニカルピッチのデメリット

ここまでテクニカルピッチのいい所を書き起こしてきましたが、1つデメリットがあります。

それは値段です。7/11日現在Amazonで30250円です。

正直学生がパッと出せる額では無いですよね。

そこで18歳未満はこのやり方は使えないのですが、18歳以上はテクニカルピッチを買うくらいの資金を作る方法があって解説しているので良かったら見てください。

【誰でも稼げる】自己アフィリエイトをパソコン画面を実際に使って解説します【5万稼ぐ】

ピッチャーには最高の自己投資

野球で上を目指す上で色々な自己投資があると思いますがその中でもテクニカルピッチは最高の自己投資なのではないでしょうか。

ハッキリと数字が出せて目標設定をしやすいのでそこから自分は何をするべしなのかと考え、不足しているのはフィジカルなのかフォームなのかによってそこからまた選ぶ練習や野球ギアも変わってきます。

要は先にテクニカルピッチを使うことで後から必要のない練習や野球ギアは切り捨てすことができるのです。

野球で上を目指せる時間というのは本当に少ないですし、終わってみれば一瞬です。できるだけ効率よくレベルアップして欲しいなというのが僕の意見です。

最後に

文中でも述べましたが野球ギアを買うことは野球で上を目指すための自己投資です。

僕の知り合いでも実際にプロや独立リーグや企業チームで活躍されている方は適切に自己投資を行っていましたし、今でもさらなる高みを目指して適切に自己投資をされている方が多いです。

ピッチャーとしてプロに行きたい!企業チームで活躍したい!と高い志のある選手はテクニカルピッチを使っていいピッチャーになってもらいたいなと思います。

ではまた明日!

タイトルとURLをコピーしました