壁当てをする壁の無い選手はリバウンドネットを使うのがおすすめという話

野球ギア

こんにちは!Mです!

皆さんは壁当てをやりますか?

壁当ては実は守備の基礎を作るのにすごく適していて、なおかつ1人で気軽に出来るのですごくいい練習です。

ただ、壁当てをするには当然ですが壁が必要です。最近では壁を禁止されていることもありますが、壁当てが出来ないことを解消するリバウンドネットの紹介の紹介と実際に使った感想ので是非最後まで読んでいってください!

リバウンドネットとは

リバウンドネットとはボールを投げると跳ね返ってくるネットの事です。比較的コンパクトなサイズで持ち運びが可能なので公園などに持っていく事もできます。

お値段はどこのサイトでも8000円から1万円となっています。壁当てをできる壁がないのであれば購入してみるのもいいのではないでしょうか。

実際に使った感想

僕はリバウンドネットは持っていなかったのですが友人が持っていてよく一緒に練習をしていました。

道路等で壁当てをするとボールが削れて劣化が早くなってしまうのですがリバウンドネットを持って公園に行くことでそれを防ぐことが出来ていたのが良かったと思います。

また、土でゴロを取れるのでより試合に近いゴロを練習出来て良かったです。

友人と壁当てをするのであれば壁当て勝負はとても楽しいしいい練習になります。1球ずつ取ったゴロをネットに投げて先にエラーした方が負けというシンプルなルールです。

やる時は毎回チェリオのジュースを賭けてたのですが友人は守備が本当に上手かったので大体負けてました(笑)

他の練習アイテムと組み合わせてワンランク上の壁当てを

他の練習アイテムと組み合わせて壁当てをするとよりレベルの高い練習になります。

トレーニンググラブを使うとより守備の基本姿勢が綺麗にならないとボールは取れません

板グラブを使うと当て取りの練習が出来ます。

レベルの高い壁当てで一気に守備力を向上させましょう!!

最後に

いかがだったでしょうか。壁当ては野球を始めたての選手からトップレベルの選手までが取り組むような練習です。

誰でも出来る練習を大事に取り組める選手がどんどんレベルアップしていくのは容易に想像がつきますね!

壁当てを大事にして取り組んでよりレベルの高い選手になりましょう!

ではまた明日!

タイトルとURLをコピーしました