毎週過去の都市対抗決勝がYouTubeにアップされてて見ると勉強なるという話

野球知識

こんにちは!Mです!

皆さんは社会人野球の都市対抗はご存じですか?実は都市対抗は大人の甲子園と言われておりレベルの高さやワンプレーに対する執念は半端じゃないです。

都市対抗に出てくるようなレベルのチームの選手はプロ予備軍と呼ばれる事もあり相当レベルが高いです。最近では西武ライオンズの源田選手がトヨタ時代は9番バッターだったのは有名ですよね。

また、社会人野球保障のあるプロ野球とも言われる事もあり引退後が不透明なプロに進むより引退後も会社に残れる社会人野球を選ぶ選手もいるほどです。

都市対抗はトーナメントなのでプロ野球とはまた違う1戦を落とせないレベルの高い試合が見れてすごく勉強になります。

その都市対抗の過去の決勝戦がフルでYouTubeにアップされています。

5/10時点でアップされている動画の試合ついて紹介していくので是非最後まで読んでいってください!

2002年 第73回 ホンダ熊本VSいすゞ自動車

いすゞ自動車は2002年で休部になることが決まっていました。その中で有終の美を飾るべく会社の看板と部の歴史を背負って戦う選手たちに注目して見て欲しい試合です。

【都市対抗プレイバック】2002年 第73回決勝 ホンダ熊本 vs いすゞ自動車

2003年 第74回 シダックスVS三菱ふそう川崎

シダックスは前年に野村克也監督が就任しキューバから外国人選手を獲得するなどして大会前から注目を集めていました。対して三菱ふそう川崎の垣野多鶴監督は社会人野球歴が現役と指導者合わせて20年を超え、都市対抗を知り尽くした監督です。両監督の心理戦に注目して見て欲しいです。

【都市対抗プレイバック】2003年 第74回決勝 シダックス vs 三菱ふそう川崎

2004年 第75回 ホンダVS王子製紙

都市対抗の本戦では基本的には実力は拮抗している為差が大きく開くような試合は少なく接戦でもつれる試合が多いです。この試合はまさにそのような試合でお互いに総力戦となっており社会人野球の良さが詰まった試合です。

【都市対抗プレイバック】2004年 第75回決勝 ホンダ vs 王子製紙

2005年 第76回 日産自動車VS三菱ふそう川崎

日産自動車には元広島の梵英心選手、三菱ふそう川崎には元楽天の渡辺直人選手がスタメンに名を連ねています。社会人野球は予選や連盟主催の大会などで同地区のチームとは1年で何度も対戦します。日産自動車と三菱ふそう川崎は同地区でしのぎを削っていたライバル関係にあるチームです。ライバル同士の決勝での戦いに注目して見てほしいです。

【都市対抗プレイバック】2005年 第76回決勝 日産自動車 vs 三菱ふそう川崎

最後に

都市対抗は本戦だけではなく予選も激戦です。福利厚生で一般社員の方々に東京ドームに応援しに来て頂けるように毎日練習しているのでなんとしても本線に出ないと行けません。

大人の本気の気持ちのぶつかり合いは見ていてすごく面白いですし、野球をしている選手にとっては勉強になりますしすごくいいお手本になります。

もし興味があれば今年は8-10月にかけて各地区予選が行われ、本戦が11月にあるので球場に足を運んでみてはいかがでしょうか。

ではまた明日!

タイトルとURLをコピーしました