高卒で独立リーグにチャレンジしつつ大卒を取る方法

進路

こんにちは!Mです!

最近は高校生がプロを目指す上での進路で進学や社会人よりも早くプロ入りを目指せる独立リーグをおすすめしている人は結構多いです。

しかしそこでネックとなってくるのがセカンドキャリアで高卒として就職する必要がある事です。企業チームであれば大きな会社に残れるのでそこまでネックにはならないのですが独立リーグを目指す際に大学進学と比べるとどうしてもその点はネックになってしまいます。

僕は実際に独立リーグでプレーしてた訳ではありませんが独立リーグでプレーしながら大卒を取る方法があるので紹介していきたいと思います。

通信制の大学に通う

結論から話すと、通信制の大学に通うことで独立リーグでプレーしながら大卒を取ることが出来ます。

通信制の大学は大学によりますがレポートを提出し、Web試験という流れで単位取得が出来るのでハードルは高くはないのではと思います。

また、スクーリングや試験はオフシーズンにまとめることも可能となっているため各々のスケジュールに合わせて大学に通うことが可能となっています。

また、通信制の大学は一般的な大学よりも学費を抑えられている場合が多いため費用面の普段も引退後大学に通い直すよりも全然安く済みます。

通信制大学特集はこちら!

編入も可能

大学にもよりますが2年次、3年次、4年次から編入することも可能なため大学を中退して夢を追う選手も大卒を取ることは可能です。

セカンドキャリアに不安がある選手は1度資料請求をしてみるといいと思います。

資料請求はこちら!

大学を中退した選手は引退後働きながら通信制の大学で大卒を取って転職してキャリアアップを目指すことも可能ですので頭の片隅に置いといてもらえたらなと思います。

最後に

NPB入りという夢に向かって全力を尽くすことは素晴らしいことです。

しかし、野球選手はどれだけ一流でも絶対に選手としてはプレーできなくなる日は訪れるのでどうしてもセカンドキャリアの不安はあるとは思います。

不安を少しでも解消するために大卒というキャリアを最低限持っておくという選択肢は決して悪いものでは無いと思います。

ではまた明日!

野球で上を目指す為の高校生の進路を考える
こんにちは!Mです!皆さんは高校野球より先野球を続けますか?もちろん続けることや辞めることが正しいという訳ではなく自分がやりたい道に進むのが1番だと思ってますが、今日は野球で上を目指して続けたいと思っている球児に向けて記事...
タイトルとURLをコピーしました