「現状維持では、後退するばかりである」という言葉は野球にも当てはまる話

マインド・考え方

こんにちは!Mです!

皆さんは「現状維持では、後退するばかりである」という言葉を知っていますか?

この言葉はディズニーリゾートライン創設者のウォルト・ディズニーの言葉なのですが、意味は言葉の通り現状維持しようとすると衰退していくということです。

これは実は野球にも当てはまります。

では当てはまる具体例と体験談を書き起こしていきます。

レギュラーを掴むも現状維持しようとしてレギュラーを手放す

これが野球界で1番多い現状維持では後退するばかりの典型例では無いでしょうか。

控えの選手はレギュラーを目指し、日々練習に打ち込んでいます。そしていざレギュラーの座を掴むとやはりひとつゴールにしていたところなので安心します。

そしてその後レギュラーのまま居続けられるように頑張ろうと必死に現状維持しようとして失敗する選手が非常に多いです。

レギュラーの座を掴んだら次はより試合で活躍してどうしても外せない選手になりに行かないと行けません。そうしてやっと現状維持ができるのです。

ここで失敗する選手が非常に多いのでこのことは絶対に頭に入れて置いて欲しいです。

僕もレギュラーになって安心してました

上記では厳しい指摘をしたのですが僕も実際に高1の秋にレギュラーになり現状維持しようとしてました。

そこでレギュラーを取られることはなかったものの現状維持思考から脱却するまで約1年間ほとんど選手として伸びてなかったです。というよりも劣化してました。

厳密に言うと現状維持しようと思っていた訳ではありませんがレギュラーを目指して必死に練習してた時よりも明らかに向上心が落ちていたなと思います。

もし伸び悩んでる選手がいれば、向上心をしっかり持っているのか1度自分自身に問いかけてみてください。

気づいたその日から改善しよう

実際に現状維持思考になってしまっていたらどうすればいいかと言うと、気づいたその日から向上心を持てたらそれでいいです。

実際に僕も秋の大会が終わった後にただ試合に出てるだけでなく、自分が活躍してチームを勝たせる選手になろうと心に決めてそこからまた成長しだしました。

すごく勿体ない1年を過ごしたと今でも思いますが過去の事を悔やんだ所で未来は変わることは何もないので気づいたその日から改善するのがいいでしょう。

気づいているのに見て見ぬふりをすればするほど後からどんどん後悔して取り返しがつかなくなりますよ。

最後に

こんな僕の失敗談も記事にして誰かの役に立てたらそれでいいなと思っています。

もし現状維持思考になっているのであれば今すぐ改善していきましょう!

ではまた明日!

マスミの野球日記
YouTube でお気に入りの動画や音楽を楽しみ、オリ...
タイトルとURLをコピーしました